営業品目

防食工事

上水道施設用 無機質系被覆工法

<<仕様>>

工程使用材料名標準使用量
(kg/平方メートル)
厚さ(mm)塗り重ね間隔(20℃)
(前工程終了後)
下地処理
下地修正
コンクリートの表面のレイタンスなど脆弱層や付着物を除去し、
健全なコンクリート表面を露出させた後、全面を清浄な状態が得られるように清掃して下さい。
下地処理後、新設施設の場合は下地修正材、
補修改修工事の場合は断面修復材にて下地修正を行いコンクリート表面を平滑に仕上げて下さい。
下塗り ハイブリッドレジンS701M 0.7 0.3 下地修正後
1日以上14日以内
中塗り ハイブリッドレジンS702M 0.5 0.2 下塗り塗布後
1日以上7日以内
上塗り ハイブリッドレジンS703T 0.05 - 中塗り塗布後
1日以上7日以内
※1.施工対象部位のコンクリート表面に豆板・段差・漏水箇所などの欠陥がある場合は、
施工に先立って適切な方法で補修して下さい。
※2.ハイブリッドレジンS701M、S702Mは、樹脂液と粉体を均一な状態になるまで十分混合したものを
コンクリート表面に金コテで塗付け、平滑に仕上げて下さい。
劣化状況 施工状況

<<施工例>>

濃縮槽施工前

施工実績はこちらをご覧ください

↑ページトップへ

前のページへ