営業品目

防食工事

下水道処理施設用 ポリウレア樹脂スプレーライニング

<<仕様>>

下水道事業団C種対応レジテクト BT-C工法
工程材料名用量/㎡備考
1 素地調整材 レジテクトEP-F 0.6kg エポキシ樹脂
2 上塗り レジテクト5000 2.1kg ポリウレア樹脂
色:グレー
施工厚 1.8mm以上(硬化後厚さ)


下水道事業団 D1種対応 レジテクトBT-D工法
工程材料名用量/㎡備考
1 素地調整材 レジテクトEP-F 0.6kg エポキシ樹脂
2 上塗り レジテクト5000 2.1kg ポリウレア樹脂
色:グレー
施工厚 2.7mm以上(硬化後厚さ)

※素地調整材を使用する場合、素地調整の後に必要に応じてプライマーを使用する。 ※下地処理については高圧水洗またはサンドブラストなどによりコンクリート表面に存在するレイタンス・ほこり・汚れなど劣化部除去し、断面修復を行う。 ※数値は標準のものです。形状、条件により幅を生じることがあります。 (注)ポルトランドセメントを重量比50%混合して使用する。



<<施工手順>>

準備工・仮施工(内部初期清掃等)
施工に適した環境の確保

劣化部除去工

原則として超高圧水処理

断面修復工

断面修復材による所定厚さまでの修復,ひび割れ等の欠陥部処理

素地調整工

プライマー兼素地調整

防食被覆工

防食被覆層の施工・端部処理・養生

施工実績はこちらをご覧ください

↑ページトップへ

前のページへ